便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘について

重症な便秘である「落下腸」の人が増えてきた

投稿日:

ねじれ腸よりさらに重症の落下腸

子供のころからのしつこい便秘は、腸にねじれがある「ねじれ腸」が原因だった!

国立病院機構久里浜医療センター内視鏡検診センター部長の水上健先生が、このことを2013年テレビや本で紹介してから、水上先生の外来には以前にも増して、症状の重い便秘の患者さんがおおぜい来るようになりました。

このねじれ腸には、水上先生が考案した腸のマッサージ法である「大腸ゆらし」が非常に有効です。このマッサージ法がうまく伝わったのか、ねじれ腸の患者さんの割合はしだいにへりました。

さて、ねじれ腸の患者さんがへった一方で、2014ごろからふえてきたのが、やはり重症便秘である「落下腸」の患者さんです。落下腺は、ねじれ腸に有効な大腸ゆらしも、運動も、あまり効きません。それだけに、患者さんの悩みも深刻です。最近は、水上先生の外来の便秘の患者さんの約8割を占めています。

落下腸とはどういう腸の形態かを説明する前に、本来の大腸の形態と、ねじれ腸について簡単にお話ししましょう。

腸がグチャグチャにねじれ便が通過しにくくなる

大腸は、小腸の周囲を四角く取り巻いていると、私たちの教科書に書いてあります。しかし、それは欧米人の腸で、日本人の腸のほとんどは、そういう四角い形をしていません。これまで2万人以上の腸を診てきた水上先生の経験では、日本人の約8割は腸が複雑にねじれています。

便が腸の中をスムーズに通過できるのは、大腸の曲がり角が90度前後のときです。ヘアピンカーブのように極端に曲がったり、ねじれて狭くなったりすると、そこに便が引っかかって、詰まってしまいます。これが、ねじれ腸による便秘です。

それよりさらに困った状態が、腸が下に落っこちる落下腸です。本来、大腸は、横行結腸の両端が、腹部の後方の膜に埋まってしっかり固定され、腸の形が保たれています。

ところが胎児のとき、腸が形成される過程で、横行結腸の両端が固定されないと、腸全体が下がり、やがて骨盤の中に落ち込んでしまうのです。そのため、立っているときは下腹がポッコリ出てしまいます。日本人には、生まれつきこういう腸の形態の人が、5%ほどいると推定されます。

落下腸になると、腸はさらにグチャグチャにねじれ、便が通過しにくくなります。そのうえ、便の重みで腸が長くなり、さらに通過が困難になるのです。

 

 

-便秘について

執筆者:

関連記事

子宮筋腫と便秘

婦人科の検査を含めた全身の検査を 子宮筋腫は20~50代の女性に見られる良性の腫瘍です。40代女性の3人に1人が子宮筋腫を持っているといわれます。 過多月経、不正出血、貧血、月経困難などがおもな症状で …

自律神経が乱れが便秘を起こす

腸のぜんどう運動を活発にする 便秘を解消するためには、腸内環境を整えることが重要です。では、そのために、どんなことが大事なのでしょう。 最も重要なポイントは、腸のぜんどう運動です。ぜんどう運動というの …

排便時は決して無理をせず自然な便意にまかせて、リラックスして排便をしましょう

排便が2~3日なくても気にしない 「毎日、排便がないのは便秘でしょうか」 これは、医師が患者さんからよく受ける質問の一つです。「毎日規則正しい排便があるのが健康のバロメーター」というイメージを、多くの …

「ふんばり過ぎ」は危険!3分がんばって駄目だったらあきらめる

直腸が下に落ち込みやすくなる 便秘の人はなんとかして便を出そうと、トイレに長時間こもりがちです。 しかし、東邦大学医療センター大森病院総合診療科教授の瓜田純久先生は、「3分以上はトイレにいないように」 …

便秘のかげに重大な病気が隠れていることもある

アレルギー疾患が起こりやすくなる 大腸がんや大腸ポリープなどの腸の病気や、子宮内膜症や子宮筋腫などの婦人科の病気、甲状腺機能の異常、神経疾患などのために便秘が起こることがあります。大腸に憩室(けいしつ …

PR