便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ

便秘を改善する食べ物・飲み物

便秘を改善し腸若返りの特効食としてぜひ毎日とりたいのが「ヨーグルト」

投稿日:

食物繊維で腸のぜんどう運動を促進

腸年齢が実年齢以上に老けていると判定された人は、落ち込んでいるヒマはありません。今すぐ生活習慣の見直しを始めましよう。といっても、難しいことは何もありません。腸年齢のいいところは、食生活を少し変えるだけで、どんどん若返るということです。

腸内の悪玉菌は、動物性脂肪を多く含む食品が大好物です。つまり、肉類を好んで食べている人は、腸の劣化が進行しやすいのです。お菓子やインスタント食品、ファーストフードばかり食べて、野菜不足の人も同様です。

腸年齢を若返らせたいなら、食物繊維を豊富に含む野菜・果物・海藻・キノコを多くとるように心がけてください。食物繊維は、腸内で水分を吸うと大きく膨れて便のカサを増し、腸のぜんどう運動を促してくれます。

ヨーグルトは世界を代表する長寿食

これら高繊維食とともに、腸若返りの特効食としてぜひ毎日とりたいのが、ヨーグルトです。

ヨーグルトは、昔から世界を代表する長寿食として知られています。旧ソ連のコーカサス地方やブルガリアのスモーリアン地方など、世界の多くの長寿地域では、ヨーグルトなどの発酵乳が常食されています。

ヨーグルトには、善玉菌の代表選手ともいえる乳酸菌が大量に含まれており、腸内の善玉菌を増加させる、極めて優れた効果があります。

頑固な便秘に悩まされ、1週間以上も便秘が続き、下剤を使わなければ便が出ないという20歳の女性に、ヨーグルトを10日間、食べてもらうという実験があります。

実験前、その女性の腸年齢は70代に達していました。ところが、ヨーグルトを食べつづけて10日後には、善玉菌が大幅に増えていたのです。そして、毎日ではないにせよ、下剤を使わなくても便が出るようになり、腸年齢も大幅に若返っていました。

毎日続けることが肝心

このように、ヨーグルトには、目を見はるような効果があるのです。みなさんもヨーグルトを毎日の食生活に取り入れてほしいと思います。

いきなりたくさんのヨーグルトは食べられない、という人は、1日100gから始めてもいいでしょう。要は、毎日続けることが肝心です。

また、ヨーグルトは少なくとも1週間は食べつづけることが大切です。これまでの経験でいえば、ヨーグルトを食べはじめてから腸年齢が若返るまでには、早い人でも1週間はかかります。2、3日食べただけで効果が現れないからといって、あきらめないでください。

食生活の見直しとともに、適度な運動も、腸年齢を若返らせる重要なポイントになります。

適度な運動で腸周辺の筋肉を強化

運動を習慣にすると、腸まわりの筋肉、特に腸の働きを助けて排便を促す腸腰筋(インナーマッスル)が強化できます。すると、便を肛門に送るぜんどう運動をはじめとする腸の働きが高まるのです。

運動というと、おっくうに感じる人もいるかもしれません。しかし、ここでいう運動とは、特別なスポーツのことではありません。意識的に速いスピードで歩く「速歩」のことです。

速歩を行うさいは、体をまっすぐにして、両手を大きく振って、普段よりやや大またで速く歩くことを心がけてください。そうすることで、腸腰筋を効率よく鍛え、腸の動きを活発にすることができます。

 

 

-便秘を改善する食べ物・飲み物

執筆者:

関連記事

食物繊維豊富な食事は、便秘を予防する基本

腸の健康は食材の選び方しだい 便秘が続くと、おなかが張ったり、ガスのにおいがきつくなったりと不快になります。さらに、肌荒れや痔の原因になったり、ひいては腸の病気を引き起こしたりもします。 現在、ガンに …

美川憲一さんは食前に食べるキャベツのおかげで便秘知らず

「キレイになるのよ」という母のひと言 私がキャベツ好きになったのは、育ての母の影響なんです。小学校のころ、学校から帰ってくると、どんぶり1杯のせん切りキャベツが置いてあって、それを毎日、おやつ代わりに …

「今、出なくて苦しい」という人は、食物繊維の摂取は控え、まずは消化のいい炭水化物を食べる

食物繊維によって腸の運動を活発にする よく一般に、「便秘の人は食物繊維を多く含む野菜や海藻類、豆類、キノコ類を取ったほうがいい」といわれます。 しかし、これは実は、注意が必要なのです。 食物繊維はビフ …

便秘の改善に必要な食物繊維を簡単に摂取できる「氷コンニャク」

コンニャクを冷凍して戻すだけ 便秘の改善には、食物繊維の多い食事を心がけるのがよいと言われています。しかし、根菜類や海藻といった食物繊維の多い食材は、量を食べるのは簡単ではありません。 その問題を容易 …

便秘改善に効果のある「大根スープ」で花粉症も体臭も軽減

いろいろな治療法を試したがどれも効果がなかった マクロビオティック研究家の 中 美恵先生が、長年悩まされてきた花粉症などの不調や、ぽっちゃり体型から抜け出せたのは、マクロビオティック(日本の伝統食が基 …