便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する運動・動作

便秘と下痢をくり返す場合にも「腸ゆらし」が有効

投稿日:

毎日1~2回便通がある!

ねじれ腸が原因の混合型過敏性腺症候群の場合は、便秘と下痢をくり返します。排便時に痛みを伴い、これは、ねじれた部分に引っ掛かって、栓のようになっていた硬い便が出ると、つかえていた大量の下痢便や軟便が排出されるためです。ストレスが関与しない場合は、「腸ゆらし」が有効です。

Fさん(30代・女性)は、物心ついたときから、ガス、腹痛、下痢などの胃腸症状に悩まされてきました。去年から、症状はさらにひどくなって、激しい下痢と便秘をくり返すようになりました。夜の食事を抜いても、起き抜けに、おなかが硬く張って痛くなり、排便時も、吐き気や腹痛を伴うようになったそうです。

悪い病気を心配して他院を受診したところ、異常はなく、「過敏性大腸炎」と診断され、薬を処方されたものの、1カ月たっても改善しませんでした。体がだるくなり、体力を消耗する日々が続く中、久里浜医療センターを受診されました。

Fさんは、ストレスが関与しない混合型過敏性腸症候群だったので、ストレスが関与するとして処方された過敏性腸症候群の薬が効かなかったのです。

Fさんの腸は、CTによる立体画像に、下行結腸にねじれがあり、S状結腸は屈曲して下垂していました。

そこで、内視鏡部長の水上健先生は、整腸剤と便を軟らかくする薬を少量処方し、朝晩の腸ゆらしを指導しました。便通は、ほぼ毎日1~2回、早朝か午前中にあるようになり、生活にリズムが生まれて、活動的になられました。

前向きな気持ちを持つようになった!

物心ついたときから腹痛を伴う便秘と下痢に苦しんでいたMさん(30代・女性)。年に1~2回は腹痛のため、病院に運ばれたとのこと。下痢が始まると、冷や汗が出るほどの痛みと吐き気があり、便座にも座れないほどでした。病院の治療では腹痛は治まらず、しだいに病院から足が遠のいたのです。

その後も、腹痛と、腹痛の後の不快感が増して、寝られないようになり、腹痛に対する強い恐怖感を持ち始めました。精神科や心療内科も受診したそうです。腹痛への恐怖心から、食事も取れず、栄養失調で10kgもやせて体力が落ちて、一時は寝たきりになつたそうです。

Mさんの腸は、下行結腸と、横行結腸と下行結腸のつなぎ目がねじれて細くなり、その上流にある横行結腸が拡張していました。Mさんは、原因がわかったことで、腹痛への恐怖心と闘う、前向きな気持ちを持つようになりました。適切な薬を処方し、朝晩の腸ゆらしを指導した結果、快方に向かっています。

 

 

-便秘を改善する運動・動作

執筆者:

関連記事

長年の悩みだった便秘を解消することができたと好評の「足首つかみ」

日本人に多いねじれ腸を正す! 会津若松市にあるえんどうクリニックでは、1994年の開業時から、月に2回、予約制の「便秘外来」を設けています。便秘外来の目的は、頑固な便秘に悩む患者さんの、便秘の原因を突 …

腹痛を伴う便秘に効果のある「腸ゆらし」の成果

なんでも試したがどれも効果はなかった ねじれ腸が原因の便秘の特徴は、腹痛を伴う便秘。これは、便秘型過敏性腸症候群の典型的な症状の一つです。ストレスが原因ではない場合に、「腸ゆらし」がよく効きます。患者 …

快便呼吸法を行い、下着をはかずに眠ることによって、今は便秘とは無縁

鍛えるより、ゆるめる 九州気功協会会長の古屋ネネさんは、福岡県北九州市を中心に気功を教えています。 古屋さんが気功に出会ったのは、今から26年前の事です。その頃の古屋さんは、ボディスーツとレオタードで …

手の甲刺激で冷えが取れ便秘や下痢が解消し腸の働きが回復していく

多くの慢性的な病態にも影響を及ぼす 手の甲心刺激は、大津接骨院院長である石橋輝美先生の経験から生まれたもので、これに患者さんへの治療経験を積み重ねて体系化した治療法です。その方法は、手の甲にある、全身 …

「大腸ゆらし」でねじれ腸を緩めれば便秘が改善

便秘にいいことをしているのに改善しない 便秘は、日本で最も多い病気です。国民の5人に1人、特に女性の約半数が便秘に悩んでいるといわれています。 便がなかなか出ないというのは、実につらいことです。そんな …