便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する運動・動作

腹痛を伴う便秘に効果のある「腸ゆらし」の成果

投稿日:

なんでも試したがどれも効果はなかった

ねじれ腸が原因の便秘の特徴は、腹痛を伴う便秘。これは、便秘型過敏性腸症候群の典型的な症状の一つです。ストレスが原因ではない場合に、「腸ゆらし」がよく効きます。患者さん2人の例をご紹介しましょう。

幼稚園のころから、すでに腹痛を伴う便秘だったというYさん(30代・女性)。その痛みは耐えがたいほどひどく、救急車を要請したこともあったそうです。

子どものころから、便意を催すことがなく、浣腸で便を出していたとのこと。大人になってからは、便秘に効く
と聞けば、なんでも試したそうですが、どれも効果はありませんでした。

市販の刺激性下剤は、Yさんには効きませんでした。立っていられないほどのめまい、腹痛、吐き気、気持ち悪さなどの副作用が出て、やめたそうです。打つ手がなく、病院で浣腸をしてもらっていました。

困り果てていたとき、テレビでねじれ腸のことを知り、久里浜医療センターに来院されました。Yさんの腸は、横行結腸と下行結腸のつなぎ目がねじれてループ(輪っか)ができ、S状結腸もねじれて骨盤内に落ち込んでいたのです。

内視鏡部長の水上健先生は、整腸剤と便を軟らかくする薬を出し、朝晩の腸ゆらしを指導しました。効果てきめんで、毎日、朝食後にお通じがあるようになったのです。

レントゲン画像を見ると、受診時は、腸内に大量の便がたまって、横行結腸が太くなり、下に垂れ下がっていました。治療開始後は、腸内の便は激減し、横行結腸は正常な位置に戻りました。

ずっと便秘に苦しめられてきたYさん。「人生が変わりました」とおっしゃっています。

驚くほど便が出る!

Sさん(18歳・女性)も幼少期から便秘で、排便に1時間以上かかっていたそうです。食事に気を付け、運動も取り入れ、多少よくなりましたが、中学に入ってから再び悪化。市販の便秘薬を飲むようになりました。それでも排便に1時間かかり、便意はあるのに出ない状態が大変つらかったと言います。

Sさんの場合、下行結腸が体の中心に寄って、S状結腸が通常とは逆方向にねじれていました。便を軟らかくする薬を出し、朝晩の腸ゆらしを指導しました。すると、その日からお通じがあり、翌日から便量が増えていったとのこと。その後は、毎日排便があり、驚くほどの量が出ることもあるそうです。

 

 

-便秘を改善する運動・動作

執筆者:

関連記事

腹横筋や肛門括約筋が鍛えられ、腸のぜん動運動が促進されるスクワット

便秘は腸内環境が悪化した状態 港区赤坂にある小林メディカルクリニックの便秘外来では、約7年間で、延べ1万2000人の患者さんが便秘やガス腹を改善しています。 いうまでもなく、便秘は腸内環境が悪化した状 …

代謝が活性化し腸の機能がアップする「耳ツボ刺激」のポイント

美と健康を保つためには腸の働きを整える 赤坂ビューティークリニックの専門は、美容皮膚科です。今回は、「腸カアップ」ということで、院長の青山秀和先生が便秘解消と脂肪燃焼・ダイエットに効果的な耳ツボを紹介 …

腸の3か所をゆらして便秘を改善する「腸ゆらし」のやり方

1日3分ですぐに便秘に効果が現れます! 左腹部の腸ゆらし(下行結腸をゆらす) ① あおむけに寝て、足を肩幅くらいに開いてリラックスする。クッション(または座ぶとん)をお尻の下に敷くと、下がっていた腸が …

排便するときは姿勢が大事。排便しやすい姿勢とは

トイレでがんばる時間はせいぜい3分 便秘にならないようにするには、規則正しい生活や睡眠、適度な運動、食物繊維の多いものをとるをど、毎日の生活習慣が大事です。とはいえ、忙しい現代では、なかなか思うように …

久しぶりにスルリと便が出た!「指ヨガ」で便秘が改善した例を紹介

1分でスルリと快便!毎朝りっぱなバナナ便 指ヨガの魅力は、持と指を押し合うだけで、体のさまざまな症状や悩みが改善する点でしょう。やせた、ボディラインが美しくなった、ひざの痛み、腰の痛みが軽くなった、高 …

PR