便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する運動・動作

つらい便秘を「腸ゆらし」で改善し毎日排便があるように

投稿日:

トイレに長時間こもって苦しんだ

慢性便秘では、ねじれた腸が便秘の原因である場合が少なくありません。30~40年もの間、便秘に悩まされている人も珍しくないのです。そうしたつらい便秘を、「腸ゆらし」で改善した患者さんを2人ご紹介します。

Tさん(40代・女性)は、20代から便秘に悩まされ、便秘歴は25年に及びます。初めのころは、3日に1回ほどお通じがあり、4日以上ないときに、市販の刺激性下剤を飲み、飲むとお通じがあるという状態でした。

しかし、便秘はだんだんひどくなり、10年ほど前からは、市販の刺激性下剤を服用して便意を催しても、排便できなくなりました。自宅で浣腸を行っても効かず、病院で浣腸をしてもらったり、自宅のトイレに長時間こもって、苦しみ抜いた末にやっと排便できたりしたことが、年に数回あったそうです。

3年ほど前から病院で治療を受け、刺激性下剤を処方され、服用していましたが、毎晩、下剤を飲み続けることへの不安から、久里浜医療センターを受診されました。

Tさんは、下行結腸全体に、著しいねじれと屈曲があり、その手前の横行結腸が、長く伸びて下に垂れているのです。なお、内視鏡検査では、長期間にわたって服用した刺激性下剤による腸の色素沈着も見られました。

Tさんには便を軟らかくする薬を少量処方し、朝晩の腸ゆらしを指導されて、数日後から、ほぼ毎日排便があるようになったのです。ご本人は、「数か月前までつらい便秘で悩んでいたなんて、うそみたいです」と喜んでいました。

腹痛が解消し腸の太きも戻った

結婚を機に退職してから、便秘になったというDさん(30代・女性)は、3~4日に1回しか排便がなく、1回の便の量は少量で、強い残便感と腹痛があると言って久里浜医療センターに来院されました。

腸の状態を診ると、S状結腸がねじれて便が詰まっていて、腸が長く太くなっていました。このS状結腸のねじれが、便秘と残便感の原因と判断し、少量の緩下剤とともに、朝晩の腸ゆらしを指導されした。

その後、量は少ないものの毎日排便があり、腹痛も解消。以前は下垂していた横行結腸が、現在は上に上がり、伸びて太かった腸も、通常の細さに戻っています。腸内の便の量も著しく減りました。

 

 

-便秘を改善する運動・動作

執筆者:

関連記事

腸の働きを整え、便通を促す働きがある「耳ヨガ」

1時間半の教室の間に3回もトイレに行った ビジョンヨガインストラクター・薄久美子(すすきくみこ)先生のヨガ教室では、ヨガをしている最中でもトイレに行っていいことにしています。というのも、ヨガをすると、 …

高齢者の便秘を改善するための腹筋強化にはウォーキングもおすすめ

腹筋とともに全身の筋肉がバランスよく鍛えられる 腹筋の衰えは、さまざまな意味で便秘の発症や悪化を促します。高齢者が転倒などで一時的にでも寝たきりになり、腹筋などの全身の筋肉が急激に衰えると、それまで便 …

ねじれた腸が原因の便秘には「腸ゆらし」が有効

便秘の大きな原因の一つ 日本人の約5人に1人、女性は半数以上が便秘だといわれています。その大きな原因の一つが、日本人特有の「ねじれ腸」にあることが、最近わかってきました。 人体模型や人体解剖図で見る大 …

快便のツボマッサージのやり方

8秒かけて息を吐くときに指で押しもむ リラックス呼吸の後、便が溜まりやすい右下わき腹・右の肋骨の下あたり・左の肋骨の下あたり・左下わき腹の順に、刺激していきます。この順番は決まっていて、大腸を通る便の …

長年の悩みだった便秘を解消することができたと好評の「足首つかみ」

日本人に多いねじれ腸を正す! 会津若松市にあるえんどうクリニックでは、1994年の開業時から、月に2回、予約制の「便秘外来」を設けています。便秘外来の目的は、頑固な便秘に悩む患者さんの、便秘の原因を突 …

PR