便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する食べ物・飲み物

ストレス知らずで便秘知らず!緑黄色野菜たっぷりのスープで腸内環境が整う

投稿日:

腸の状態がよいと医師にほめられた

年を取ると、便秘がちになる女性が多いそうですが、女優の松原智恵子さんはこれまで一度も、便秘で悩んだことがありません。今年で70歳になりましたが、たいてい毎日、気持ちよくお通じがあるようです。

2年前に、あるテレビ番組で、腸の状態を調べたところ、「腸年齢」が実年齢より20歳以上若いという結果が出ました。腸の状態が非常によいとのことで、医師の先生からも、おほめの言葉をいただいたほどです。

けれども正直なところ、松原さんは、特に体によいことをしたり、便秘にならないように心がけたりしているわけではありません。

健康的な習慣として、心当たりがあるとすれば、野菜が好きで、ふだんから多くとっていることでしょうか。特に野菜スープがお気に入りで、週に3~4日は松原さんの食卓に上がります。

お勧めは緑黄色野菜たっぷりのスープ

若いころに外国で食べた、トマトなどの野菜がたっぷり入ったスープが、とてもおいしかったので、家でも作るようになったのがきっかけです。

さらに、10年ほど前に友人から、電動のスープメーカーを紹介してもらったことで、より頻繁に作るようになりました。

使う野菜は、季節や、その日の気分に応じて選んでいます。松原さんのお勧めは、緑黄色野菜たっぷりのスープです。

スープメーカーがなくても、ミキサーや電子レンジを利用して、簡単に作れます。

スープが余ったら、冷蔵庫に入れておけば、翌日まで大丈夫。夏の暑い時季なら、温め直さずにそのまま冷製スープとしていただくと、それもまたおいしいのです。

10種類以上の野菜を使うようにしている

松原さんの休日のブランチは、小1時間ほどかけて、ゆっくりと食事を楽しんでいます。

食べる順番は、コース料理にならって、まず最初に野菜スープをいただきます。

それから、野菜サラダに手をつけます。内容はその日により異なりますが、10種類以上の野菜を使うようにしています。

そのあと、卵料理などをいただき、トーストは最後にとっておきます。デザート感覚で、シナモンシュガーや、市販のきな粉クリームなどをつけるのが好きなようです。

ちなみに、食事の献立は、朝・昼・晩の3食分をすべて、前日のうちに自分で決めておきます。以前は、1週間分をまとめて考えていたこともあり、もうほとんど趣味のようで、25年くらい前から習慣になっています。

ストレス知らずで便秘知らず!

たくさんの料理本の中から、家族の好みを考えて主菜を選び、それに合う副菜などの組み合わせを選ぶのは、楽しいものです。この習慣のおかげで、バランスのいい食事を自然に選ぶ目が、養われたのかもしれません。

松原さんは、運動はあまりしないほうです。気が向けばジムに行きますが、週に1回程度でしょうか。

便秘の話に戻ると、精神的なストレスなども、その原因になると聞いたことがあります。

振り返れば、松原さんは基本的に、好きなものをいただき、好きなように過ごしています。野菜スープに加え、これも、便秘知らずの秘訣の一つなのかもしれません。

里見英子クリニック院長 里見英子先生の解説

食物繊維が豊富な野菜スープは、確かに桧原さんの便秘知らずの秘訣にちがいありません。食物繊維は腸内環境を整え、よい体調をキープするためには不可欠。緑黄色野菜の栄養を余すことなくとれるのも利点です。

野菜スープから始め、サラダに続き、糖質を最後にとる食事の順番も理想的です。

 

 

-便秘を改善する食べ物・飲み物

執筆者:

関連記事

「バナナ茶」を飲んだら、何十年もため込んだ便が全部出た!

数日出ないことが当たり前だった 長野県にお住いの和田美智子さん(51歳・仮名)が、「バナナ茶」を飲み始めたのは、昨年末です。大げさでなく、生まれて初めて快便の爽快感を体験できました。 和田さんは子ども …

便秘解消に効果のある白湯とヨーグルト

自分のうんこを継続的に観察しよう! 石井先生たちが推奨する、最も手軽な便のチェック法は、「観便」、つまり、自分の便を継続的によく観察することです。 ふだんと比べて明らかに細い便が、1週間以上続く場合は …

早い人なら便秘が3日くらいで解消する「大麦ヨーグルト」

簡単に作れる大麦ヨーグルト 腸を著しく若返らせて便秘を解消する効果抜群の大麦ヨーグルトは、誰にでも簡単に手作りできます。材料は、1食分当たり、プレーンヨーグルト(甘味料や香料などが加えられていないヨー …

便秘とダイエット両方に効果のある「バナナ茶」

軟らかい便がスルリと出た! 女性の2人に1人が悩まされているといわれる便秘。長引くと、おなかの不快感はもちろんのこと、下腹太りや肌荒れの原因にもなり、まさに便秘は美と健康の大敵です。 最近は、積極的に …

便秘の人は便や体臭ににおい物質が大量発生する

便秘の人はくさい便やオナラになる 便、オナラ、息や汗のにおい。こうした体のにおいの大本は、腸でつくられます。 腸では、食べたもののカスが腸内細菌によって分解され、その際に、におい物質を発生します。炭水 …