便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を予防するために

食事の間を8時間開けると排便がスムーズになる

投稿日:

食べてから約8時間後にぜんどう運動が活発に

口から入った食べ物が食道を経て、胃、小腸、大腸と進み、消化吸収され、便となって排泄される。

その過程は、神経系や内分泌系(ホルモンを分泌するしくみ)が複雑に連動して、さまざまな働きが適切なタイミングで行われるようにコントロールされています。

簡単に言うと、食べ物が口に入ると、それをきっかけに、体内で「いつ、何をするか」が順次、整然と進められていくようにできているのです。

食べ物に含まれる栄養の大半は小腸で消化吸収され、次に大腸に送られて、水分や一部の栄養素が吸収された後、便になっていきます。

内容物を肛門のほうへ送る小腸のぜんどう運動は、物を食べてから約8時間後に活発になります。それによって内容物が大腸へと送り出され、排便されやすくなります。

夕食と朝食の間が実践しやすい

ところが、8時間以内に新たに「物を食べた」という信号を受けると、小腸はぜんどう運動をやめてしまうのです。

つまり、8時間より短い間隔で食事や間食を取ると、そのたびにぜんどう運動が中断され、腸に内容物が滞りやすくなってしまうわけです。

これを避けるため、1日に1回でよいので、「物を口に入れない時間」を8時間以上はつくるようにしましょう。この時間があることによって、小腸が一気に内容物を押し出すタイミングをつくることができます。

具体的には、就寝時間を挟む夕食と朝食との間が、最も実践しやすいでしょう。

夕食はなるべく早めに、午後7時くらいまでの時間に取り、翌朝の朝食まで何も口に入れないのが理想的です。やむをえず食事が夜遅い時間になったら、翌日の朝食を抜くのもいいと思います。

ただし、物を口に入れないと言っても、水分は十分に取る必要があります。

 

 

-便秘を予防するために

執筆者:

関連記事

冷房で冷えると便秘になりやすい!おなかを温めて腸を元気に

おなかの温度は、腸の調子を反映している 東京都立川市の松生クリニックには、便秘の人を専門に診る「便秘外来」があります。患者さんは重症な便秘の人が多く、なかには1日50錠、100錠という、とんでもない量 …

玄米・レタスのとりすぎは便秘を悪化させる?

食物繊維はとり方しだいで逆効果になる 「便秘の解消に有効な栄養はなんでしょう」という質問の答えとして、みなさんの頭に一番に思い浮かぶのは、おそらく食物繊維ではないでしょうか。 もちろん、この答えは大正 …

過度の清潔志向が便秘や腸内環境を悪くする原因に

過度の除菌・抗菌で病気を招きやすくなる 最近になってようやく、「腸内環境」の重要性が、一般の人たちの間でも広く認識されるようになりました。実際に、腸内の善玉菌が減って悪玉菌が増えると、腸内環境が悪化し …

60代以上の高齢者にも便秘に陥る人は意外に多い

高齢者の便秘は早期の解消が必要 便秘というと、20~30代の若い女性がよく抱える悩みのように思われがちですが、60代以上の高齢者にも便秘に陥る人は意外に多いものです。しかも、高齢者では女性にかぎらず男 …

油はどんなものをとったら便秘によいのか?

魚の油やオリーブオイルをとる 便秘にいいのは、乳酸菌に食物繊維が代表格ですが、盲点なのが「油分」です。結局はバランスのよい食事にかぎるのですが、良質の油分をとってください。 便秘だからといって必死で食 …

PR