便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ

便秘について

便秘に影響する腸内環境は生活習慣によって大きく変化する

投稿日:

高齢でも若者以上に腸が若い人がいる

一般に腸は、加齢とともに衰えると考えられがちです。しかし、腸の働きは、腸内環境、つまり腸内細菌のバランスに大きく左右されます。腸内環境は、年齢よりもその人の生活習慣によって大きく変化するのです。

それを物語るように、若い世代でも、腸の働きがまるで高齢者のように衰えている人もいれば、高齢でも若者以上に腸の著さを保っている人がいます。そうしたことを考えると、腸の衰えに関しては、「老化」というよりも、むしろ「劣化」というほうが適切かもしれません。

自分の腸の劣化の度合いを知りたければ、それを見極めるのは簡単です。トイレで便の状態を観察すればいいのです。便は、まさに「腸からのお便り」です。心身の健康状態を把握するためにも、排便したら必ず便をじっくり観察する習慣を身につけてほしいと思います。

では、理想の便とは、どのような便なのかについて説明しましよう。

一回の便の量は、女性なら200g、男性なら300gほどが理想です。便の重さが何gかは、排便前と排便後に体重計に乗ればわかるでしょう。最近は50g単位で量れる便利な体重計も市販されています。それがめんどうな人は、中くらいのバナナ1本分の大きさがだいたい100g、と覚えておいてもいいでしょう。

理想の便は、色が黄色っばくて、においも強くなく、水洗トイレの水に浮かびます。そうして便の塊がパラリとほぐれれば、さらに好ましい状態です。

排便のさいにそれほどいきまずにストンと出ることも、大事な条件の一つです。こうした便が毎日出ていれば、腸内環境は極めて良好といえます。

高脂肪食で腸が衰えるとコゲ茶便が出る

ところが、肉食中心で野菜不足の高脂肪食を続けていると、脂肪を分解する消化液の胆汁(色は茶褐色)がたくさん分泌されます。そのため、便の色が濃いコゲ茶色になつたり緑がかったりします。

さらに、腸内で悪玉菌が増殖して腐敗が起こるため、思わず顔をしかめてしまうほど強烈なにおいを発するようにもなります。

便秘になると、コロコロとして水分の少ない硬い便が出ます。便が長時間、腸内で停滞している間に腸壁に水分が吸収され、コロコロと乾いた便になってしまうのです。当然ながら、水っぽい下痢便や、水中に沈んでしまうほど重い便も、腸の劣化の現れといえます。

こうした便の観察とは別に、おなかの状態を調べることも、腸の劣化の度合いを知るものさしになります。例えば、くさいおならが頻発する人は、腸内環境が衰えて有害ガスが発生していると考えられます。排便後に残便感がある人も、便を運ぶ腸のぜんどう運動(内容物を先送りする働き)がスムーズでない恐れがあります。

 

 

-便秘について

執筆者:

関連記事

自律神経が乱れが便秘を起こす

腸のぜんどう運動を活発にする 便秘を解消するためには、腸内環境を整えることが重要です。では、そのために、どんなことが大事なのでしょう。 最も重要なポイントは、腸のぜんどう運動です。ぜんどう運動というの …

対策を怠れば便秘は難治化の一途をたどります

腸の働きが低下して排便がスムーズにできなくなる 日本中で便秘に悩んでいる人は、約660万人(平成19年度国民生活基礎調査)といわれ、自覚していない人も含めると便秘人口は1000万人を超すのではないかと …

便秘で肌トラブルが生じ口臭や体臭がひどくなる

血液がドロドロになり肌トラブルが生じる 腸内には、100種類以上、100兆個もの腸内細菌が住み着き、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌と、ウェルシュ菌や大腸菌などの悪玉菌が、常に勢力争いをしています。便 …

排便時は決して無理をせず自然な便意にまかせて、リラックスして排便をしましょう

排便が2~3日なくても気にしない 「毎日、排便がないのは便秘でしょうか」 これは、医師が患者さんからよく受ける質問の一つです。「毎日規則正しい排便があるのが健康のバロメーター」というイメージを、多くの …

便秘は、「たかが」ではすまされない「万病の元凶」

高血糖・高血圧・ボケ・ウツとも関連 「便秘は万病のもと」。こういわれるのは、腸が消化・吸収や排泄だけでなく、免疫(病原体から体を守るしくみ)を担う重要な臓器だからです。 便秘が高じて免疫力が低下すれば …