便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する食べ物・飲み物

便秘を予防し解消する調味料「レモン塩」

投稿日:

漬けて1~2週間で出来上がり

料理研究家の井澤由美子先生は、これまでに、心にも体にも優しい家庭科理を、数多く提案してきました。

井澤先生が家庭科理にこだわるのには、毎日食べるものによって、東洋医学でいう未病(病気になる一歩手前の状態)を防ぐことができると思っているからです。

「便秘」も、そんな未病の一つだといえるでしょう。

そこで今回井澤先生が紹介してくれるのが、便秘を予防し解消する魔法の調味料、「レモン塩」です。レモン塩は、レモンを塩漬けにして熟成させた調味料です。さまざまな塩を料理に使って楽しむ「塩遊び」が好きだった井澤先生が、10年ほど前から始めたものです。

レモン塩の作り方は、梅干しの作り方と似ています。

梅を漬けるときと同程度のたっぷりの塩を使い、薄切りや乱切りにしたレモンを密閉容器に入れて漬けるのです。ただ、漬ける期間は梅干しよりも短く、漬けて1~2週間で出来上がります。

いつもの料理が生まれ変わる!

漬け上がった密閉容器の中は、

・熟成し柔らかくなった「レモン果実」

・レモン汁の「エッセンス」(黄透明)

・酸味が溶け出た「塩」(自)

という、三つの層に分かれます。どの層も、調味料として使えます。この3通りのレモン塩を、さまざまな料理に使い分けるのです。

レモン塩を料理に使うと、食材の余分な水分やくさみが取れ、旨味や甘味が引き出されます。レモン塩の塩加減を知れば、熟成度によって少量で味の満足感を得ることもできるのです。レモンの風味や、食後の爽快感も加わり、いつもの料理が、ひと味違った奥深い味に生まれ変わるでしょう。

そこが、レモン塩が「魔法の調味料」と呼ばれているゆえんです。

ストレス性の便秘にも効果を発揮する

一方で、レモン塩には健康効果も期待できます。

レモンに含まれるビタミンCやクエン酸には、胃腸や肝臓の働きをよくし、腸内環境を整え、代謝をよくする働きがあります。

レモンを塩に漬けることで、これらの有効成分が酸化(酸素と結びついて劣化すること)せず、そのままの形に近い状態で取れるわけです。

塩に含まれるミネラルも代謝をよくするので、レモン塩は体全体の代謝を高める効果が抜群。便秘解消にはうってつけです。

また、「今すぐ出したい」というような重症な便秘、疲れが重なって起こるストレス性の便秘にも効果を発揮します。

こんなときには、食物繊維の多い野菜をたくさん取るよりも、レモン塩を調味料に使った炭水化物主体の料理のほうがお勧めです。

「レモン塩」Q&A

最近、テレビや雑誌でレモン塩が紹介され、レモン塩を作り始める人も増えているようです。それに伴い、井澤先生のもとへ質問が多く寄せられるようになりました。その中でも特に多い、作り方や保存法について井澤先生が答えてくれます。

Q.漬けるときに、減塩のために塩の量を少なくしてもいいですか。

A.梅干しと同様に、塩分が少ないと、カビの発生や腐敗の原因になります。必ず分量を守ってください。
Q.密閉容器の下層に白いものが沈殿しているのですが、カビでしょうか。

A.正しく作れば、2日くらいで密閉容器の下層に塩が沈殿してきます。ですので、その白い沈殿物は塩だと思われます。

ただ、密閉容器のふたがしっかり閉まっていなかったり、塩の量が少なくレモンが腐敗したりすると、フワフワとした白いカビが発生します。同じ白色なので、注意が必要です。
Q.レモン塩はどれくらい保存できますか。

A.私は、7年前に漬けたレモン塩を今も使っています。梅干しと同じで、レモン塩も、年月がたつほど角が取れ、味もまろやかになります。基本的に、冷暗所での常温保存が原則です。
Q.途中でレモンや塩を加えてもいいですか。

A.エキスが出づらかったり、レモンが少なくなったりしたら、切ったレモンを1~2個足してください。塩は途中で足さないようにしてください。

 

 

-便秘を改善する食べ物・飲み物

執筆者:

関連記事

ケフィアを飲み始めて3日めには便通があり毎日快便に

4つあった腸のポリープが消えてキレイな腸になった東京都 51歳 食品販売会社経営 男性の方の体験談です。 3日程度便が出ないことがよくあった 私は現在、51歳ですが、若いころから腸内ポリープに悩まされ …

便秘の漢方薬は、効きめが緩やかで副作用も少ないわけではない

服用後に腹痛や下帝を起こすこともある 医療の現場では、さまざまな場面で漢方薬を使うことが増えています。漢方薬は、その人の体質・病状・現れている症状などから病気を総合的に判断し、いくつもの生薬(植物や動 …

「腸活カレー」を食べ続けたら毎日快便!10kgのダイエットにも成功!

顔が細くなった!体温が1℃アップ! こうして、「腸活カレー」を食べ続けたところ、埼玉県にお住いの岡本利一さん(仮名・28歳)は、すぐにおなかの調子がよくなりました。きっと、野菜の食物繊維のおかげでしょ …

納豆に植物油を加えてとると便秘解消の効果が高まる

油が便のすべりをよくして排便をうながす 弛緩(しかん)性便秘の改善・解消には、納豆菌やマグネシウム、食物繊維、オリゴ糖などの快便栄養を豊富に含む納豆の常食が有効です。ただ、その効果をさらに高める方法と …

便秘を解消する「桑の葉」には糖の吸収を抑えメタボを防ぐ効果もある

糖質の分解を防ぎ体内への吸収を抑制 桑の葉には、もう一つ大きな特徴があります。それは、糖の吸収を抑える働きです。これは、桑の葉特有の成分である、1-デオキシノジリマイシン(DNJ)によるものです。 そ …

PR