便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ

便秘を改善する運動・動作

腸の3か所をゆらして便秘を改善する「腸ゆらし」のやり方

投稿日:

1日3分ですぐに便秘に効果が現れます!

左腹部の腸ゆらし(下行結腸をゆらす)

① あおむけに寝て、足を肩幅くらいに開いてリラックスする。クッション(または座ぶとん)をお尻の下に敷くと、下がっていた腸が元の位置に戻りやすくなる。

② 左右の手の4本の指(人さし指、中指、薬指、小指)をそろえて、下行結腸を挟むようなイメージで、左腹部に当てる。左右の指先の間は約10cm開ける。

③ 左右の手の指先で、交互に軽くトントンとおなかを突き押す。下行結腸を小刻みにゆらすようなイメージで、指先を上から下へ、下から上へと少しずつ移動させ、これを約1分間くり返す。おなかが軽くへこむくらいの強さで行う。

※上は、肋骨の下端まで、下は、そけい部までを目安に行う

※ゆっくりと呼吸しながら行う。

下腹部の腸ゆらし(S状結腸をゆらす)

① あおむけに寝て、足を肩幅くらいに開いてリラックスする。クッション(または座ぶとん)をお尻の下に敷くと、下がっていた腸が元の位置に戻りやすくなる。

② 左右の手の4本の指をそろえて、S状結腸を挟むようなイメージで、下腹部に当てる。左右の指先の間は約10cm開ける。

③ 左右の手の指先で、交互に軽くトントンとおなかを突き押す。S状結腸を小刻みにゆらすようなイメージで、指先を上から下へ、下から上へと少しずつ移動させ、これを約1分間くり返す。おなかが軽くへこむくらいの強さで行う。

※上は、へそ上約5cmまで、下は、恥骨の上端までを目安に行う。

※ゆっくりと呼吸しながら行う。

上体ひねり(横行結腸と下行結腸のつなぎ目をゆらす)

① 両足を肩幅よりやや広げて立ち、両手を左右に広げる。

② 力を抜いてリラックスして、両腕をプランプランと振るように、体を左右に大きくひねる。無理をすると腰に負担がかかるので、できる範囲で構わない。

※左右にひねる動作を1セットとして、30セットを約1分間で行う。

※ゆっくりと呼吸しながら行う。

 

 

-便秘を改善する運動・動作

執筆者:

関連記事

「便出しポーズ」で排便を促し頑固な便秘を改善

いきみすぎると逆効果 トイレの便座に座ってみたけれど、なかなかスッキリと排便できないという人は多いのではないでしょうか。そこで、少しでも排便がスムーズにいくように、排便時に役立つお話をしたいと思います …

「大腸ゆらし」でねじれ腸を緩めれば便秘が改善

便秘にいいことをしているのに改善しない 便秘は、日本で最も多い病気です。国民の5人に1人、特に女性の約半数が便秘に悩んでいるといわれています。 便がなかなか出ないというのは、実につらいことです。そんな …

毎日きちんと「股関節回し」すると、便秘や肩こりも解消し、肌の調子もよくなってきた

股関節回しで6kgやせてウエストが7cm締まった静岡県 54歳 主婦の方の体験談です。 1週間便通がないことも珍しくなかった 島田市にある、田村章二先生が指導している「股関節回し」の教室に、私が通い始 …

志室のツボ刺激で腸閉塞が改善!腸がゴロゴロとして活発になった

たまたま腸閉塞を防ぐツボ発見できた 腸閉塞は、なんらかの原因で腸の内容物が停滞し、詰まってしまう病気です。腸閉塞になると、激しい腹痛や腹部の膨満感に襲われ、治療には大変な苦痛を伴います。 腸閉塞になる …

落下腸の人の便秘を改善する方法「腸戻し」のやり方

立つと下腹が出る人は要注意 ねじれ腸の患者さんがへった一方で、2014ごろからふえてきたのが、やはり重症便秘である「落下腸」の患者さんです。落下腺は、ねじれ腸に有効な大腸ゆらしも、運動も、あまり効きま …