便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ

便秘を改善する運動・動作

ねじれた腸が原因の便秘を治す「腸ゆらし」のポイント

投稿日:2月 7, 2017 更新日:

驚くほど大量の便が出た

「腸ゆらし」は、ねじれ腸が原因の便秘の解消に大変有効です。実は、考案した横須賀・久里浜医療センター内視鏡部長の水上健先生も腸ゆらしの効果を実感した一人。

水上先生は、もともと便秘ではなかったものの、多忙による運動不足で、3日間以上も便通がありませんでした。おなかが張ってつらく、腸ゆらしを行ったところ、翌朝、便意を催し、トイレに駆け込むと、驚くほど大量の便が出ました。体重を量ると2kgの減量。便を2kgもため込んでいたのです。

その後、他の医師による検査で自分の腸を確認すると、長さが通常の人の1・5倍程度ありました。便の重さで腸が伸びてしまったのです。横行結腸と下行結腸のつなぎ目がねじれ、便がたまっていたようでした。

腸がねじれやすい3カ所をマッサージ

腸ゆらしは、腸が特にねじれやすい3カ所をマッサージします。詰まりやすいところは、①左腹部にある下行結腸②、下腹部にあるS状結腸、③左上腹部にある横行結腸と下行結腸のつなぎ目です。

実際に腸の画像を見ると、多くの人は、腸の他の部分もねじれています。しかし、小腸に近い上行結腸や横行結腸がねじれていても、そこを通るときの便はまだ硬くないので、詰まりにくいのです。肛門に近づくほど水分が吸収され、便が硬くなって詰まりやすくなります。

腸を左右にゆらすようなイメージで

腸ゆらしのやり方は、こちらを参照してください。ここではポイントを紹介します。

①左腹部の腸ゆらし、②下腹部の腸ゆらし、③上体ひねり、の3つのマッサージは、どの順番で行っても構いません。朝の起床直後と就寝前の、1日2回行うとよいでしょう。1回3分程度で済みます。

①と②のマッサージは、リラックスして寝た姿勢で行います。お尻の下に、クッションなどを敷くといいでしょう。下がっていた腸が元の位置に戻りやすくなります。両手の指をそろえて、腸を左右にゆらすようなイメージで、左右からトントンと押します。

③は立って行います。横行括腸と下行結腸のつなぎ目が、肋骨の下にあるので、マッサージはできません。そこで、体を左右にひねって腸をゆらします。

バランスのよい食事も心掛ける

ねじれ腸は遺伝なので、腸ゆらしでは治せません。ですが、腸ゆらしを行うと、便が腸のねじれに引っ掛かりにくくなり、排便の習慣がつくので、便秘に悩まされなくなります。また、規則正しく便通がつくようになったら、1日1回など、回数を減らしてもかまいません。

血便があったり、体重減少があったりする場合、腸ゆらしを3~5日行っても便秘の改善効果がないときは、ポリープ、ガン、炎症性疾患など、別の原因も考えられるので、病院で診察を受けることをお勧めします。

なお、ねじれ腸でも、すべての人が便秘になるわけではありません。テニスやゴルフといった体をひねって腸をゆらすような運動も、ねじれ腸由来の便秘の改善に役立ちます。また、食事も大切です。バランスのよい食事を心掛けると、ねじれ腸の人でも便秘を回避できます。

 

 

-便秘を改善する運動・動作

執筆者:

関連記事

現在便秘中の人は、炭水化物→たんぱく質→食物繊維の順番で食べましょう

野菜は生野菜よりも温野菜のほうがよい! 最近、食べる順番を工夫することで、肥満や血糖値の上昇を防ぐというダイエットが話題になっています。 具体的には、食物繊維を多く含む野菜などをまず食べ、次に肉や魚な …

股関節回しで便通が正常になりポッコリおなかも解消

股関節回しで足のしびれも解消した静岡県 37歳 会社員 女性の方の体験談です。 ひどい便秘と下痢にに苦しめられてきた 私は、24歳のときに出産しましたが、それがきっかけとなって、ひどい便秘に悩まされる …

原因不明の症状や不定愁訴をは便秘や下痢など腸の問題が原因

腸の問題の根本は「冷え」 突発的な痛みやだるさ、体の重さなど、不定愁訴といわれる症状で悩む人は少なくありません。不定愁訴がやっかいなのは、病院へ行ってもハッキリとした原因がわからず、投薬や治療でもなか …

便秘呼吸のおかげで便秘で頭を悩ますことがなくなり不眠まで解消

便秘呼吸で残便感が消えた佐賀県 66歳 会社社長 男性の方の体験談の続きです。 ストレスによる不眠も大改善! 私はFさんに、早速、便秘呼吸を教えました。荒木先生の本を貸し、私が先生から指導されたことを …

腹痛を伴う便秘に効果のある「腸ゆらし」の成果

なんでも試したがどれも効果はなかった ねじれ腸が原因の便秘の特徴は、腹痛を伴う便秘。これは、便秘型過敏性腸症候群の典型的な症状の一つです。ストレスが原因ではない場合に、「腸ゆらし」がよく効きます。患者 …